バッグ(インプラント)式豊胸手術とはバストに人工乳腺バッグを埋め込むことで確実なサイズアップを行います。
近年は手法の研究も進み、自然な触りごこちと目立たない傷痕を実現できるようになりました。
ただ、胸の中に物を入れる抵抗感や、手術や術後の痛みなどデメリットがある事も確かです。
今回はそんなバッグ式豊胸術について詳しく見ていきましょう。

バッグ式豊胸手術

バッグ式豊胸術のメリット

3カップ増大も可能・大きくバストアップ出来る

Aカップの女性が脂肪注入による豊胸手術を受けてDカップ、Eカップなど3カップ以上のサイズアップを図る事は残念ながら困難ですが、バッグ式豊胸手術の場合は3~4カップという大幅なサイズアップを望むことが出来ます。

効果が即現れる

物理的にバッグを埋め込みますので、術後直ぐバストアップしたことを体感できます。
効果の即効性はメリットと言えるでしょう。

半永久的に効果が継続できる

ヒアルロン酸注入によるバストアップですと効果は長くても2年程度で失われてしまいますが、シリコンバッグを埋め込めば効果は半永久的に得られます。

このようなところがバッグ式豊胸手術のメリットになります。
大きなバストアップ効果を半永久的に得られる術式ですので、確実に大きくバストアップしたい方にはオススメです。

バッグ式豊胸術のデメリット

術後の痛みは強め、また1週間程度は休養が必要

細かい術式の違いもよりますが、メスを入れる事になりますので他の豊胸手術と比較して痛みは強くなってしまいます。
その為ダウンタイムと呼ばれる手術から日常生活に戻れるまでの期間が、1週間程度必要と若干長めになっています。
社会人の方の場合、大きなお休みと日程を重ねない限り難しいでしょう。

傷痕が残る

目立たないように脇のシワに沿って切開する形が殆どですが、4cm前後の跡が出来てしまいます。
ですが殆ど見ても分からないレベルまで現在の技術は進歩していますので過度の心配は不要です。

デメリットはこのようなところになります。
特にダウンタイムの長さから、長めのお休みが取れない方には難しい術式と言えます。

バッグ式豊胸術を受けるならこのクリニック

湘南美容外科クリニックが費用でも術式の豊富さからもオススメ

主要クリニックの費用面での比較を見てみましょう。

クリニック名 費用
湘南美容外科クリニック 307,390円
共立美容外科 390,900円
池田ゆう子クリニック なし
ナグモクリニック 74,2000円

このように費用面で見ると湘南美容外科クリニックが最も優れています。
さらに同じバッグ式豊胸手術でも効果の高さやさわり心地、体への負荷など細かい術式で差が出てくるのですが
湘南美容外科クリニックでは最新の高度な術式から費用が安く済むものまで多くの選択肢から選ぶことが出来ます。

  1. Movita エルゴノミックス
  2. バッグ豊胸(パーフェクトインプラント)
  3. SBCエンジェルバッグ
  4. 豊胸インプラントバッグMotiva
  5. 内視鏡下バッグ豊胸
  6. ハイブリッド
  7. 超音波施術

この中で特に注目したいのは世界最新の技術を使ったMovita エルゴノミックスです。
乳腺に近い柔らかさを再現したこの高級バッグは、感触も動きも自然のバストに近い今迄に無く高い技術で作られています。
バッグ式で大きく永続的なサイズアップを望まれる方は是非一度検討してみてください。
湘南美容外科クリニックの公式サイトは↓からどうぞ、日本全国にクリニックがあります。

湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングを受ける方法

このページの一番下にある詳細予約は公式サイトへから移動し、無料カウンセリングをクリック後、ご自身の情報を登録してマイページを作成してください。
カウンセリングでじっくり話を聞いて、納得できる手術方法を医師と一緒に考えていきましょう。
親身になって相談に応じてくれるので、勇気を持って一歩を踏み出してみてください。
きっとバストアップして新しく生まれ変わる事が出来るはずです。
湘南美容外科クリニック説明スマホの場合公式サイトの一番下に無料カウンセリングがあるのでそちらをタップします。
マイページの作成を求められますので案内に従って作成し、そのままマイページを利用するを選びますと、全国の湘南美容外科クリニックからお好きな場所を選んで予約する事が出来るようになります。予約方法
湘南美容外科クリニック公式サイトへ