陥没乳首(陥没乳頭)は生まれつきなってしまっている方も多いですし、バストが成長する過程で陥没してしまう方もいらっしゃいます。

マッサージをしたり、乳首を引っ張ってみたり・・・自分で出来る治し方を試してみたけれど、なかなか結果が出ず、長年お悩みの方は大変多いです。

見た目だけではなく、陥没している乳頭は不衛生になり易いため乳頭炎、乳腺炎と言った病気にもつながってしまいますし、お子さんが産まれた場合には授乳出来ない、などの問題も起きてしまいます。

実は、今は簡単な手術で陥没乳首を治すことが出来るようになっています!

今回は陥没乳首を治す為の手術や、おススメクリニックについて詳しくご説明していきますね。

⇒陥没乳首の対処なら品川美容外科がNo.1 詳細はこちら

陥没乳首・陥没乳頭はどんな手術が必要なの?

陥没乳頭を治す為には、乳首を引っ張り出したうえで、再度戻らないように縫合する、というものになります。

基本局所麻酔を使用し、20分~2時間程度の短時間で済む手術であり、日帰りで帰る事が出来ます。

施術自体は大きな負担がかかる物ではなく、術後のハレなども1週間程度で納まる物になりますが、1つ気を付けなければいけないポイントがあります。

乳管(授乳に必要な乳首を引っ張っている管)を温存する術式を選ぶか、切断しまうかというものです。

美容面や健康面だけ考えれば、乳管を切断してしまえば再度陥没してしまうリスクは低くなり、またキレイな胸にする事が簡単になります。

ですが、授乳が出来なくなってしまうため、将来出産を見据えている方にとっては抵抗が大きいかもしれません。

クリニックによって乳管を切断し、綺麗な胸を作ることが得意なクリニックと、乳管温存法が得意なクリニックに分かれますので、それぞれのおススメクリニックをご紹介させて頂きます。

乳管温存法で将来授乳も行いたい場合は湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニック 陥没乳頭

乳管温存法を行っているクリニックで、費用が最も安く、また胸の美容整形症例数が多いクリニックは湘南美容外科クリニックになります。

片方では81,000円。両方ではさらに割引が入り、154,300円で対応可能。

1年間術後の保証もついており、明らかな左右差が出来てしまったり、傷あとなどが目立つ場合には無料で再手術を受ける事が可能です。

こういった手術の保証制度は大手クリニックの中でも数えるほどしかありません。

保証が出来るほど失敗が少なく、高い技術を持っている事の表れでもありますので、私たち利用者は安心して施術を受ける事が出来ますね。

日本全国にクリニックがあるため、術後のケアも受けやすいですし、授乳できる状態で陥没乳頭を治したい方には湘南美容外科クリニックをお勧めします。

↓の公式サイトから陥没乳頭のページを確認すると、症例写真なども多数掲載されていますので是非確認してくださいね。

湘南美容外科クリニック公式サイト

授乳よりも見た目や再陥没のリスクを避けたい場合は品川美容外科がオススメ

品川美容外科は豊胸手術の症例数日本一

豊胸・バストの美容整形症例数No.1の品川美容外科が美しい胸を作る、という点においては一番おススメです。

以下はバストの美容整形症例数のTOP2になりますが

順位クリニック名症例数
1位品川美容外科71,876件
2位湘南美容外科クリニック(SBC)37,186件

今回お勧めする品川美容外科と湘南美容外科クリニックが1位、2位、更に品川美容外科の症例数は2位の倍近くあります。

20年にも渡ってこの実績を積み上げているのは、それだけ高い技術を持ち、多くの方に高い評価を受けたからでしょう。

品川美容外科の乳頭陥没治療も1年保証がついており、問題がある場合には無料での再手術を受ける事が可能です。

費用は184,900円と湘南美容外科クリニックよりも若干高くなりますが、No.1の美容整形外科での手術という安心感は大きいですね。

今後出産の予定は無い、授乳は考えていないという方は、品川美容外科で美しい胸を手に入れ、長年辛い想いをし、苦しんだコンプレックスから解放されてほしいと思います。

↓から品川美容外科の乳頭陥没治療のページに行けますので、症例写真などを詳しく確認してみてください。

品川美容外科公式サイトはこちら