豊胸手術の痛み

豊胸手術に多くの方がもたれる不安のナンバーワンは手術に関する「痛み」です。
不安を超えて「恐怖感」を覚える方も少なくありません。
そこで、この痛みについて、実際に手術をされた方々にお話をうかがってみました。
当サイトでは、これらの方々の声を参照させていただきながら、「豊胸手術での痛み」について情報をご提供してまいります。

豊胸手術の痛みは手術の方法によって大きく差が出る物です。
最も痛みが軽い手術はヒアルロン酸やプラズマジェルを注入するプチ豊胸
局所麻酔をし、注射で注入するだけなので術中の痛みは殆ど無く、術後も軽いものになります。
逆にバッグ挿入法は術後の痛みが重くなってしまいます。

基本的にどの方法でも麻酔を用いる為、手術中には痛みはありません。
痛みは麻酔の切れた後に始まります。

では実際にどの手術にどんな麻酔を使うのか、結果痛みはどうなるのか詳しく解説していきたいと思います。

豊胸手術中の痛みは使う麻酔の種類で異なる

使用される麻酔方法は、各美容クリニックの方針や手術方法(豊胸バッグ挿入、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法など)によって異なりますが、一般的には次のような方法が行われています。

局所麻酔 脂肪注入法やプチ豊胸(ヒアルロン酸・プラズマジェル)で使用

麻酔を効かせたい所(バストや脂肪吸引部分など)に、麻酔薬液を注入する方法です。
体への負担が少なく、手術後の休息も短時間で済むのがメリットです。
麻酔薬の注入時には多少の痛みを感じます。
尚、手術箇所が広範囲になる豊胸手術には向いていません。

全身麻酔 バッグ挿入法・脂肪注入法で使用

麻酔ガスを吸いこませる方法です。呼吸は人工的に管理されます。
意識が全くない状態で手術が受けられるので、局所麻酔と比較して怖さや痛みを感じる心配はありません。
全身麻酔の場合は体に与える負担が大きいので、手術後の状態によっては1日入院する可能性もあります。

静脈麻酔 全ての術式で使用する可能性あり

静脈麻酔は全身麻酔の一種で、点滴を使って血管の静脈から麻酔薬を注入する方法です。
全身麻酔と同様に意識が無い状態で手術を受けられるので、痛みや恐怖を感じる心配はありません。
上の局所麻酔と併用して利用されることが多くあります。

手術後の痛みは、豊胸時の手術方法により、かなりの差が出る

痛みの程度を強い順から並べますと、バッグ挿入法 > 脂肪注入法 > ヒアルロン酸注入法 の順になりますが、この程度の差には大きな違いがありますので手術方法別にご案内をいたします。

バッグ挿入法の”大胸筋下法”の場合

<痛みの程度>
豊胸手術の中で最も強い痛みが起こります。
筋肉を剥離するため、術後の痛みがひどく、痛みも長引きます。かなりの方が「お産より痛い」とのことでした。
<痛む場所>
切開部分や乳房全体です。
切開部分の縫合した傷も数日間は痛みますが、バストの痛みに比べると弱いものです。
<どんな痛み>
聞取り調査では「激痛」、「筋肉痛のような痛み」、「ズッキンズッキン痛む」、「ビリビリとした電気が走るような痛み」とのことでした。
<痛みの推移>
かなり強い痛みが2-3日、強い痛みが4-5日で、1週間~10日かけて痛みが段々と引いていきます。
1週間ぐらいですと安静時には痛みはありませんが、圧痛は残っています。
約2週間で圧痛(強く揉んだり触った際の痛み)を含めたすべての痛みが消えていきます。
挿入されているバッグのサイズが大きい程、痛みの出方も強くなる傾向があります。
<日常生活>
①2~3日は動くこともできないというケースもあります。
②仕事面では、休みが最低5-6日必要で、できれば1週間欲しい所です。
③軽い運動ができる程度になるまでは1ヶ月程度を要するでしょう。
④重い物をもったり、腕を上げたりなどの刺激を与えると痛みは強くなりがちです。

バッグ挿入法の”乳腺下法”の場合

<痛みの程度>
同じくバッグを入れる方法ですが、上の大胸筋の下に入れる方法と比べると、比較的痛みは少ないようです。
手術による筋肉への影響がなく、バッグによって乳腺が多少移動されることによる痛みとなり、乳腺が元々筋肉に比べて柔らかいものなので、大胸筋下法ほどの痛みには繋がらないということです。
<痛む場所、どんな痛み>
大胸筋下法と同じような感じで、痛みの程度が少ないと考えてください。
<痛みの推移>
強い痛みが2日程、その後1週間ぐらいで痛みが引いていきます。
<日常生活>
①仕事面では、休みは最低3-4日必要で、1週間あれば十分です。
②軽い運動ができる程度になるまでは1ヶ月弱程度を要するでしょう。

脂肪注入法の場合

<痛みの程度・推移>
バッグ挿入法の場合のようなひどい痛みにはならず、がまんできないほどのものではありません。
バストを押さえたり外力を加えたりした際に、少し痛む程度です。
<痛む場所、どんな痛み>
脂肪を吸引した部分でも痛む場合が多いので、2か所に痛みが発生します。
注入部位は数日間ズキズキした軽い痛み。
脂肪を吸引した部位の痛みも、軽い場合が多く、脂肪吸引に準じた痛みです
<日常生活>
①日常生活に支障が出るほどの強い痛みが出ることは少なく、痛みの程度も2~3日後に収まっていきます。
②家事やデスクワークを中心とした事務仕事でしたら、手術翌日から可能です。
③普通の生活に戻るのには3週間ぐらいかかります。

ヒアルロン酸・プラズマジェル注入法の場合

<痛みの程度>
①麻酔が消えた3or4時間経過ごろから、麻酔注入箇所に痛みが発生し、なんとなーく重たい感じの痛みです。
②「痛みはほとんどありませんでした」との声もありました。
<どんな痛み>
筋肉痛よりも少し強い痛みです。
<痛みの推移>
5日目ぐらいでも、押したりさわったりする時にのみ痛みが若干発生する程度です。
普通にしていれば痛みはありません。
<日常生活>
当日からシャワーもオッケーなほどですから、翌日からは普通の生活に戻れる程度の痛みです。
<注意>
ヒアルロン酸注入方法で痛みがひどく、かつ長引いた場合は、次のような理由が考えられますので、その場合は、手術を受けた医師に相談して下さい。
①ヒアルロン酸がバストに注入されたことで、筋肉が刺激を受けた。
②本来注射されるべき乳腺下や乳腺周囲ではなく、大胸筋内に注射された。

豊胸手術の痛み・まとめ

実際に手術をされた方々からのお話を通じ、痛みは個人差の大きいものであることを何度も痛感させられました。しかし他方、手術の種類によっても、”痛みの程度には大きな違いがある”ということを、はっきり確認することができました。
”痛みを少なくしたい”という点から手術を選ぶとすれば、第一の候補はヒアルロン酸・プラズマジェル注入によるプチ豊胸となりましょう。
但し、痛みの点では不利なバッグ挿入法には一気にサイズアップを図り、更に効果が半永久的に持続すると言うメリットもあります。
つきましては、今一度、各手術方法の特長を再度ご確認の上、最も適した手術方法をお選び願います。

痛みの少ない豊胸手術なら湘南美容外科クリニック

日本全国にクリニックを設けており、口コミでの評判も高く、豊胸手術の費用が安い湘南美容外科クリニック。
TV出演などの経験もあり、症例数も豊富な医師が揃っており、その技術も折り紙つきです。
患者の負担を極力抑えて痛みを少なくするために最新式の麻酔を導入したり、術後の痛みを出来るだけ軽くするよう施術内容やカウンセリングなどに工夫をこらしていますので、痛みが不安と言う方にお勧めしたいクリニックになります。

湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングを受ける方法


↓から公式サイトに移動し、無料カウンセリングをクリック後、ご自身の情報を登録してマイページを作成してください。
カウンセリングでじっくり話を聞いて、納得できる手術方法を医師と一緒に考えていきましょう。
親身になって相談に応じてくれるので、勇気を持って一歩を踏み出してみてください。
きっとバストアップして新しい自分に生まれ変わる事が出来るはずです。

湘南美容外科
技術:★★★★★
安全:★★★★☆
費用:★★★★★
評判:★★★★★

総合得点:96点
湘南美容外科クリニックの施術は安心の保証制度付き。
バストの仕上がりに問題があったり、傷痕が出来てしまった場合、無償で再手術や傷を消す対応を行って頂くことが出来ます。
費用も他クリニックに比べて安く、特にモニター応募すると格安で豊胸手術を受ける事が可能に。
ヒアルロン酸100cc 97,200円は破格です!

対応地域:日本全国にクリニックあり

特典:当サイトから無料カウンセリング申し込みで1,000円割引実施中

↓の公式サイトでは22,821件以上の豊胸手術症例写真(before・after)を掲載
体験談も3,000件以上掲載していますので是非参考にしてください。
湘南美容外科クリニックの公式サイトはこちら
湘南美容外科クリニック説明